​SS.LAVORO pivo が目指すこと

~サッカー「を」学ぶ~

◆各学年の指導方針

​  1~2年生
  サッカーの楽しさ(身体を動かすことや、ボールを使った)を重点に取り組む。
  3~4年生
  徹底的に基礎技術(リフティング、ドリブル)を磨き、両足を自由自在に操れる選手を育成
  5~6年生
​  ゲームの中で、正確なプレー・状況によったポジショニング・判断をできる選手を育成
 
 
◆サッカースタイル 【型にはめないサッカー】
 フォーメーションや配置にこだわらず、試合結果以上に選手の育成を一番に考えた指導をします!
 選手全員、いろいろなポジションを経験します!
​ ※この経験が中学でのクラブチームや部活で大事なものとなります。
 なぜなら、フォーメーションやポジションはそれぞれのチームの監督さんが決めることだからです。

  
◆指導内容
  個人技術・個人戦術を中心に個人に特化し、選手を型にはめない育成にこだわった指導で
​  4種(小学生)年代から3種(中学生)年代にも繋がる指導

    週末は練習試合を中心に、区内・市内以外にも道内の全道レベルのチームとも練習試合を行う。
​  また、各種交流大会にも多数参加し、たくさんの試合経験を積み、選手の成長をサポート
​  遠征に関して、各学年2~3回を予定し、ピッチ内外の成長を計る。